学生ローンで自動車免許費用を借りたい場合

長期の連休前になると、学内に免許合宿のパンフレットがたくさん届くのを見たことがあるのではないでしょうか?

普通の教習所での免許取得と違い、免許合宿は友達も出来て、まるで修学旅行のように楽しみながら免許の取得ができると、とても人気が高くなっています。

 

そんな自動車免許の取得費用は、大体20~25万円ぐらい必要になります。そのためアルバイトの給料だけでは一括払いが難しいので、学生キャッシングを利用して合宿に参加するという人も多くなっています。
学生免許
合宿では2週間前後ほどで一気に終わらせることができるので、長期の休みに合宿に参加し、免許を取得するという人も多いのではないでしょうか。

 

免許合宿以外でも、普通に教習所へ通うための費用としてキャッシングを利用するという人も増えています。

 

合宿と違い少し長い期間通う必要はあるものの、長期の休みじゃなくても学校との併用が可能というのが大きいです。

 

こちらは1カ月~3カ月ほどの期間が必要になり、費用も平均30万円前後必要といわれていますが、日々の生活の中で、自分の生活パターンと相談しつつ通えるのが利点です。

 

キャッシングを初めて利用する人が心配なのは、合宿費用もしくは教習所費用として20~30万円程度を借りた場合に、利息が高くなってしまうのではないかということです。

アコムの最大30日間金利0(ゼロ)円サービスがおススメ☆

そんな人におすすめなのが、アコムの「最大30日間金利0(ゼロ)円サービス」です。これは初めてアコムを利用する場合、キャッシング契約から30日間は利息がかからないというサービスです。
普通にアコムで30万円を金利18.00%で借りた場合、月々の利息は4,500円になります。

 

アルバイトをがんばれば無理な金額ではないでしょう。

最大金利の18.00%として表記していますが、もっと低金利にできる可能性もあります。

 

「最大30日間金利0(ゼロ)円サービス」を併用すれば、金利分はもっと安く済ませることもできます。

もし、30万円借りて金利がゼロ円である30日間のうちに20万返済できたとすれば、金利がつくのは残りの10万分だけとなります。10万円に対しての利息であれば、月々1500円ほどになります。

このようなサービスをうまく使うことで、免許取得を無理せず目指すことができるのはうれしいポイントです。

 

金利の計算方法で詳しいことは「金利について」をご覧ください。
就職活動

就職難に有利な学生の自動車免許取得

本来、特に急ぐ必要のないような学生の方でも自動車免許を取得するケースが非常に増えている理由として挙げられるのが、就職難の影響です。

 

自動車免許を持っているか、いないかとでは仕事の幅にも大きく影響するため、出来る限りのアピール材料を増やす目的で免許の取得を目指すという人も多いようです。

 

また、サークル活動の中で必要になるため免許の取得を目指す人も多くなっています。

 

最近では昔と比べて様々なサークルがあり、その活動内容によっては自動車で少し離れた場所へでかけるということも多くなっているようです。

 

そんな活動の中で免許を持つ人はとても重宝されますし、みんなに喜ばれます。

 

もし自動車免許を今は不要だと思っていても、人生の中でとても必要になる可能性の高いものですから、学生のうちに取得しておこうと考える学生が増えています。

 

友人と一緒に教習所に通えるのも学生時代ならではです。

 

実際に就職してからでは、時間があまり取れず教習所に通うことはなかなか難しくなりますし、免許があればサークル活動以外でも家族や友人と出かける時の選択肢が増えます。

 

免許だけでなく、自動車を購入するという人にとっても、学生ローンは重宝することでしょう。

 

学生時代を大いに楽しみつつ、就職に向けて免許の取得のために学生キャッシングを利用し、その後就職してから完済することも可能です。

 

もちろん自分の返済能力を超えた無理な借り入れはいけませんが、学生キャッシングを上手に使うことで学生生活をより楽しむことができることでしょう。

 

学生キャッシング人気ランキング